アスタキサンチン

強力な抗酸化力を有する〝赤いビタミン〞

asta

アスタキサンチンは、エビやカニの甲羅、サケの筋肉やイクラに含まれている天然の赤色色素(カロテノイド)の一種です。アスタキサンチンは抗酸化作用がとても強い成分で、活性酸素が関わる様々な症状に対して良い働きをします。

「活性酸素」と「抗酸化物質」

わたしたちが生きていくうえで、「酸素」はなくてはならない成分です。ヒトを含む生物は、呼吸によって酸素を取り込み、体内で糖や脂肪酸を「酸化」することでエネルギーを作り出しています。しかし、この酸化を行う過程で、「活性酸素」が生まれてしまうことがあります。
「活性酸素」は非常に攻撃力が高い酸素で、体内に入ってきた菌やウィルスを殺菌する良い働きもありますが、増えすぎてしまうと体中の細胞にダメージを与えてしまい、「老化」や、さまざまな病気の発症につながります。そのため、体内では発生した活性酸素を消去する「抗酸化」作用を示す酵素や物質が存在します。
食品中に含まれる有名な抗酸化物質として“ビタミンC”や“ビタミンE”、“β-カロテン”などがあげられます

アスタキサンチン

“アスタキサンチン”は、サケの筋肉や、イクラの赤色を構成する赤色の色素(カロテノイド)のひとつです。サケが産卵のため、激流をさかのぼって上流へとたどり着くパワーの源は、アスタキサンチンによるものです。また、サケの産卵時、アスタキサンチンは筋肉からイクラへと移り、イクラを紫外線などのストレスから守る働きをします。

アスタキサンチンの効果・効能

アスタキサンチンは抗酸化能力が非常に強い成分で、活性酸素の中のひとつ、一重項酸素を消去するチカラはビタミンCの6,000倍、脂質が過酸化脂質になるのを防ぐチカラはビタミンEの1,000倍もあるといわれています。この強い抗酸化力によって、アスタキサンチンは様々な生理活性を示すことがわかってきています。このことから、アスタキサンチンは様々な効果に対する臨床試験が行われており、有効なデータが多数報告されています。

アスタキサンチンの臨床試験データ:目(眼精疲労)

目はカメラのオートフォーカスと同じように、見ようとするもの(対象物)にピントを合わせることでクリアーに見えるようになります。このピントを合わせる速度が正常時より遅くなれば目が疲れている証拠となり、疲れ目・眼精疲労の診断マーカーとして用いられています。
アスタキサンチンの眼精疲労改善に対する研究は盛んにおこなわれており、多数の学会発表や論文投稿がなされています。アスタキサンチンによる眼精疲労の改善には、1日6mgで効果が得られることが報告されており1)、2)、3)、1日12mgではより早い体感が得られると報告されています。4)

アスタキサンチンの臨床試験データ:肌(美容・髪)

「酸素」は「紫外線」によって「一重項酸素」に変化します。「一重項酸素」は非常に攻撃力が高い活性酸素のひとつで、肌の細胞や、皮脂などに含まれる「脂質」を「過酸化脂質」へと変えてしまいます。この「過酸化脂質」が蓄積すると、肌の弾力が失われ、「シミ」や「シワ」、「ニキビ」といった症状が現れます。
アスタキサンチンは、一重項酸素、過酸化脂質を消去する力に優れているため、美肌効果が期待できます。アスタキサンチンの美容に関する臨床試験も行われており、シミ・シワの改善や、キメの改善効果などが報告されています。5)
また、最近の研究では男性型脱毛症に対するアスタキサンチンの臨床試験がタイで行われており、アスタキサンチンを1日12mg、アスタキサンチンを含む外用ローションを併用し、12週間摂取・塗布することで有意な改善が見られたという報告があります。

アスタキサンチンの臨床試験データ:その他

その他、アスタキサンチンでは、非アルコール性脂肪肝の改善、運動時の筋肉疲労改善などの臨床試験が行われています。

参考文献

1)臨床医薬, 21(6), 637-650. (2005)
2)あたらしい眼科 23(6), 829-834. (2006)
3)臨床医薬, 22(1), 41-54. (2006)
4)臨床眼科, 58(6), 1051-1054. (2004)
5)FOOD STYLE 21, 16(5), 69-74. (2012)