山査子(さんざし)

漢方やハーブとして古くから親しまれている果実

山査子(さんざし)は、バラ科の赤い果実です。中国では古くから消化不良に対する漢方のひとつとして、西洋では心臓に良いハーブのひとつとして用いられてきました。

「山査子」とは?

“サンザシ”はいくつかの種類があり、オオミサンザシ(Chinese hawthorn)とセイヨウサンザシ(English hawthorn)の2種類が有名です。オオミサンザシは中国で消化不良や下痢に効く漢方として、セイヨウサンザシはヨーロッパにおいて心臓、循環器系に効果があるハーブとして昔から用いられてきました。

山査子の効果・効能

山査子には、ポリフェノールやビタミン類が豊富に含まれており、血流改善作用、抗酸化作用が期待できます。また、最近では抗炎症作用、抗アレルギー作用があるという報告もあります。